LED照明を暮らしの中で使い分ければ生活も豊かになる


LED照明の強みを考える

LEDは、蛍光灯や白熱電球にはなかった強みがあります。その1つが寿命の長さでしょう。一般的な白熱電球が1000~2000時間の寿命であるのに対し、蛍光灯が1万3000時間程度で、LED に至っては約4万時間の長寿命です。一般的な使い方では、LED照明なら10年間も交換なしで使える計算になります。寿命の長さが大きく異なるので、購入時の本体価格を考慮しても、LED照明のコストパフォーマンスは優れています。

また、LEDは発光ダイオードと呼ばれる半導体に電気を流して発光しています。その消費電力は白熱電球の20%も優れ、省エネ効果が期待できます。そこで、蛍光灯が使われていた照明機器をLED対応型に変更し、照明コストを抑える取り組みも進んでいます。

LED照明の特性を発揮して

例えばリビングの照明を検討する場合、LED照明なら明るさの強弱と色味の両方をコントロールできます。もちろん、対応型を設置する必要がありますが、室内の雰囲気を簡単に変化させられるので使い勝手に優れます。すっきりとした印象を受ける昼光色は、日中の日差しを思わせてます。リビングで手紙を書きたいときや読書をしたいときなど、すっきりと爽やかな色味が特徴です。また、温かみのある電球色にすれば、家族の団らんもどこか落ち着いた雰囲気に包まれるでしょう。また、昼光色と電球色をブレンドすることも簡単です。気分に合わせてコントロールできるので、生活をより豊かにしてくれます。

さらに、寝室で好きな音楽に耳を傾けたくなることもあるでしょう。室内の明かりを聴いている音楽に合わせて暗くすれば、雰囲気も落ち着きます。LED照明なら、リモコン操作などで簡単に調節可能です。LEDの使い勝手の良さは、日々の暮らしを豊かにします。

LEDライトパネルは節約の効果が高いので、コスト削減を実現します。事業の利益率アップを叶えたい方に最適です。

前へ 投稿

© 2019 The Most Beautiful Beaches