膣がゆるい!?ゆるくなってしまう原因と改善方法


膣がゆるくなってしまう原因

膣がゆるくなってしまうとセックスの時に膣がしまる感覚がわからなくなってしまう、というだけではなく日常的にも問題が出てきてしまいます。尿もれが気になってしまったり、入浴後に膣に溜まったお湯が出てしまうなど病気ではないけれど問題に感じることが増えていきます。そんな状態を改善するためには、まずなぜゆるくなってしまったのかを考えることが大切です。
膣がゆるむ原因は様々なことがありますが、特に大きな問題になる骨盤を取り巻く筋肉が衰えているということが挙げられます。骨盤周りの筋肉は骨盤の開閉に合わせ柔軟に伸縮するという特徴がありますが、加齢や姿勢の悪さ、肥満、妊娠出産による負担、便秘などによって衰えていきます。筋肉が衰えることによって、膣圧も低下していきゆるくなっていきます。

自分でできる改善方法

筋力が低下することによって膣がゆるくなってしまうということは、筋肉を鍛えることによって膣の緩みを軽減することもできます。膣をトレーニングすることによって尿もれや頻尿の改善、生理痛の改善、出産のサポート、ウエスト周りのダイエットなどにも役立ちます。やり方は簡単で、両足を肩幅程度に広げて立ったら全身をリラックスさせて、息をゆっくり吸いながら肛門付近を締めてみます。
膣を上に引き上げるようなイメージで、そのまま息を止めて膣を締めながら5秒キープします。ゆっくり息を吐きながら5秒かけてリラックスします。リラックスした状態なら座ったままでもできます。テレビを見ている時や入浴中などいつでもできるトレーニングです。うまく膣が締められない場合には、内腿の間にクッションなどを挟んで行うと効果的です。

膣圧が弱いと悩んでいる人は、膣の内側の筋肉が弱っているかもしれません。まずは、お腹とおしりに力を入れて背筋を伸ばして歩く、座るといった、正しい姿勢をこころがけてみましょう。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 The Most Beautiful Beaches